2012年09月08日

ノシさんマイムービー・2012タイカブツーリング05.メコン川へ

ここムアングンの市場は、ナムグン(グン川)の河岸で毎朝4時頃から始まり、日が昇りきる7時頃からは店じまいです。
野菜も肉も新鮮その物。豚肉も牛肉もまだ体温が残っている位で、寒季の冷えた朝は、その新鮮な牛肉から湯気が立ち上る程です。



ラオスのバイクツーリングで、メコン川渡りは大きなイベントです。ムアングンからの道、峠から下ってメコン川が眼窩に見えた時は感動です。
posted by チェンダオ鯰 at 09:33| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

ノシさんマイムービー・2012タイカブツーリング04ラオス入国

ナン県フォイコンからラオス・サイヤブリ県のムアングンに入るボーダーです。

最近、道路整備が進んでから、このボーダーを利用する車が増えてきました。
ラオス側のイミグレーションも将来的に立て替える予定があるようで、建物のや周辺私設の完成予想図なるものが掲げてありました。
posted by チェンダオ鯰 at 20:58| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

ノシさんマイムービー・2012タイカブツーリング03パヤオからナン

日本から来た熨斗鮑さん=ノシさんと、ラオス・ポンサリーを目指して疾走する、タイカブ・ドリーム2台。去年に続き、ラオスのオン・オフロードを走りまくる。そして更に、-バイクを船に積み込んでのOu川下りにアタック。ノシさんのマイムービー第3弾パヤオ県からラオスボーダーがあるナン県までです。
ラオスツーリングだと言うのに、6ヶ月たった今もラオス入りできない編集の遅れですが、気長に見てやってください。

posted by チェンダオ鯰 at 11:16| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

ノシさんマイムービー・2012年タイカブツーリング02(モン族野菜市場編)

最近、雨季に入ってしまったこともあって、ロングツーリングに行っていません。
溜まってしまったムービーを編集するには丁度良いかもしれません。


ここは、チェンダオから国道107号を、北に30Kmほど行った所の、モン族の村フォイルック村です。


posted by チェンダオ鯰 at 09:06| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

静かな温泉、チェンダオ・ポンアーン温泉

posted by チェンダオ鯰 at 20:15| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

2011Laosバイクツーリング06パクベンの町


2011年4月、単独ラオス・バイクツーリングの記録。タイ・ナン県からラオス・ムアングンへ国境越えして、パクベン〜フェーサイ〜ルアンナムタ〜ムアンシン〜ボーテン〜ウドムサイ〜パクベン〜ムアングン〜タイに帰国する。ラオスの藍染と地酒(もち米焼酎)を買うバイク旅です。
ここ、パクベンからフェーサイへ抜ける山道が開通したの、で今回の周遊コースが楽しめるようになりました。
posted by チェンダオ鯰 at 10:59| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

タイカブツーリング2012年Laosポンサリー・スタート編

日本から来た熨斗鮑さん=ノシさんと、ラオス・ポンサリーを目指して疾走する、タイカブ・ドリーム2台。去年に続きラオスのオン・オフロードを走りまくる。そして更に、バイクを船に積み込んでのOu川降りにアタック。
posted by チェンダオ鯰 at 21:20| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

2011Laosバイクツーリング05ムアングンからメコン渡り

http://sidetracks.blog133.fc2.com/
posted by チェンダオ鯰 at 17:16| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

肋骨は問題なさそう

昨日、一週間前に階段から滑り落ちて強打した背中が、いつまでも痛むので、ナコンピン病院で見てもらった。
年明けの休みで、休日救急診療しかやってなかったけど、折角行ったので見てもらうことにした。
先生の見立てでは、「肋骨にヒビが行ってる事は無さそう、骨折だったらもっと酷く痛むはず」
「もし、ヒビが入っている程度だとしても、治療する方法も無いから・・・・」
「レントゲン取らなくても良いんじゃない?・・・」だそうで、薬を貰って帰ってきた。
診察・薬代140バーツだけ。休日診療で買い薬より安いとは、申し訳ないような気がする。
posted by チェンダオ鯰 at 07:43| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

日本へ2往復

9月16日ベトナム航空で日本に出発してから、殆どを南会津舘岩にあるシルクバレーキャンプ場で、毎日木賊の岩風呂に入って久々の日本を満喫して過ごしていた。タイに戻る数日前、実家の母が突然言い出した「実家の内装工事」で、荷物の移動などを手伝うことになっていて、丸二日間、85年分のガラクタ整理と、箪笥などの大物の移動で汗を流す事になった。
10月14日、2階部分の工事のめどを付けて帰国(タイへ)。
しかし、1回に住んでいる私の長男と、2階に居る母の入れ替えをしたいと言う事になったので、再度、荷物の入れ替え(一階の物を二階へ、二回の物を一階へ)のために日本にいく事になった。

10月28日、キャセイ航空で日本に出発。
前回ベトナム航空だったが、トランジットがホーチミンなので、やたら日本が遠く感じた。さらに、今回キャセイ航空が意外と安く、しかも羽田着。トランジットは香港で、丁度一休みしながらの乗り換えには良い時間だ。
11月14日タイに帰るまで半月あれば、実家の荷物移動は完全に終わると思っていた。

ところが、息子の荷物の整理が全く手付かずだった。
毎日早朝から出勤して、帰宅は夜の9時10時、時には徹夜もある、人手不足の会社勤めでは、無理かぬ事だった。
更に、パソコン関係の専門学校を出た息子の部屋は、私なぞ訳の分からないパソコンの部品やら本が、夢の島のゴミのように山積みになっている。
息子曰く「ばーちゃんの都合で急に言われたって、どうにもなら無いよ!」「正月休みまで時間をくれよ!」
私は「取り合えず、ダンボールに突っ込んで、2階に運ぶから、後はじっくりノンビリ自分で片付けたら?」
息子「冗談じゃない。自分のものは自分で整理しながら自分で運ぶ!」「勝手に触られたら困る!」
半分喧嘩になりかけたけど、まあ、息子の言う事も理解できる。

そんな事で、今回は息子との事前協議を怠った私も悪かった。上下入れ替え引越しは敢え無く延期。
11月14日までの残りを、再度シルクバレーキャンプ場へ行って過ごし、タイへ帰国してきた次第でした。

すっかり以前の横着人間に戻ってしまったので、ブログの更新もサボりっ放しになってしまいましたが、ぼちぼち続ける意思はありますので、ご理解ください。



posted by チェンダオ鯰 at 08:41| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

これから日本に出発

後4時間したら、1年半ぶりの日本に出発。久しぶりに裕里加・奈々実(孫)に会えるのが楽しみ。

雑用を済ませた後は、いつものようにシルクバレーキャンプ場(http://www.h3.dion.ne.jp/~s.valley/)に、2週間「居候」の予定。
ここでは、常連キャンパーさんにいつもお世話になりっぱなしなので、せめて「本格的タイ料理」に腕を振るう予定です。
と言う事で、毎回、タイ料理の食材を持って行くのですが、今回はその他の土産も入れると総重量が20Kgオーバー。

米=黒米、香り米(カーオホムマリ)、もち米(カーオニョウ)。
ナムプリク=ナムプリックターデン・メンダー・等々7種類。
調理用ペースト=グリーンカレー・レッドカレー・ピックラープ・ピックナムンギョウ・トムヤムクン。
調味料=ナムプラー・トッチオ・ココナッツミルク・粉末ココナッツミルク。ココナッツシュガー。
ハーブ類=マナーオ・バイマックルー・パクチーファラン・タックライ(レモングラス)・カー・ピキーヌー2種。
麵=ママー2種・乾燥カノムセン。

去年はラオラオとかラオキィオのラオス焼酎とビアラオも持って行ったけど、今年は雨季でラオスにいけなかったので残念ながらありません。
来月は秋田へも足を延ばして、10月15日タイに帰国します。





posted by チェンダオ鯰 at 08:38| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

2011Laosバイクツーリング04ムアングンからメコン川その2.wmv

ムアングンからメコン川までの道は、タイの援助で建設され、今では昔の面影はないが、点在する少数民族の村は、徐々にこの新しい道沿いに移ってきているようだ。
当初まだ工事中だった頃と比べ、以前の萱葺き小屋より立派な家が増えてきた。しかし、どこでも、水汲みは基本的に子供の仕事である事は変わっていないようだ。
4・5リットル程度のポリタンクを竹の天秤棒に担いで、上手にバランスを取りながら歩く子供の姿を見る事が出来る。
やがて道が下って、突然メコン川が姿を現すと、ラオスに「来たんだなあ」と実感できるのである。
posted by チェンダオ鯰 at 11:47| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

まだまだ雨季

昨夜突然降り出した雨は未明まで降り続き、おそらく300m近く、山間部ではもっと降ったのでないかと思う。ピン川が増水して、河川敷のグラウンドは完全に水没していた。
インターネットの接続も、毎度雨が降りだすと不安定になる。
たぶん、電話線の結束がいい加減(より合わせてビニールテープで巻いただけ)なので、雨水による漏電が原因ではないかと推測している。
チェンダオではそれが当たり前なので、慣れてしまったけれど、数年内にチェンマイのように、光回線での高速インターネットができると良いなぁなどと夢を見ているこのごろです。
posted by チェンダオ鯰 at 13:30| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

やるべき事はあるけれど・・・


雨季なのだから雨は仕方ないが、先週の雨はピン川が溢れるほど降り、河川敷公園のつり橋が水流に吞まれて全壊してしまった。
毎年、この時期は大雨の降りやすい時期で、洪水は珍しい事ではないが、雨だと外で何かをする気にはなれない。
どうしてもやらなくてはいけない事としては、スロープの苔落としがあった。
苔寺状態です
P8310053.JPG
コンクリーのスロープも築10年で、少し雨が続くと苔がすぐさま生長して、よほどグリップに良い靴じゃないと、雪の斜面のように滑るので危険極まりない。最近はカミさんもバイクに乗るので、いつ転ぶか心配な位だった。
そこで、いつものように、まず道具作りから始める事になり、大きいワイヤーブラシを作りモップのように棒の先に付け、苔落としワイヤーブラシを完成させる。

手製ワイヤーブラシ
P8310055.JPG
週一週間は毎日のように苔落としで、午前中の3時間やれば、大汗をかきフラフラになる位、どうしてもやらなければいけない事なので頑張りました。
更にやった方が良いこと、やりたい事は沢山あるんですが、雨だったり、日が差して暑過ぎて出来なかったり。
丁度、庭のラムヤイを収穫する時期に重なっているけど、雨で全く手付かずのまま熟しすぎになっているのは、見ない振りで「無理をしない」のが一番ですね。

コレで安心して歩けるようになりました
P8310056.JPG


posted by チェンダオ鯰 at 08:12| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

2011Laosバイクツーリング04ムアングンからメコン川その1


ムアングンからメコン川へ向かう道は、車と行きかうのは稀で、快適なオンロードツーリングです。
タイの援助で作られた道はシッカリとした作りで、乾季は雲海なども見ることが出来る、景色がよい道です。




posted by チェンダオ鯰 at 16:51| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

2011Laos単独バイクツーリング映像その3

2011Laosバイクツーリング03ムアングンからタイボーダー

ラオスのムアングンから西のサイヤブリ地方は、タイのナン県とパヤオ県に接していて、地元の住民だけが行き来できるボーダーが多くある。雨が降れば車の往来も間々なら無いダート道を行かないとたどり着かない、偏狭のボーダーを訪ねてみた


ムアングン.jpeg
posted by チェンダオ鯰 at 09:11| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

2011Laos単独バイクツーリング映像その2

ボーダー「HUAIKON―NAMNGIEN PASSPOINT]は、タイ・ナーン県の北の町CHALOEM PHRA KIAT国道R1080から数キロ入った所にあります。
外国人が通過できるタイ―ラオス・ボーダーは、7・8箇所程度ありますが、メコン川などを越える国境が殆どで、全く陸続きの国境はここのボーダーだけでしょう。
バイクで国境を越える事になると、「チェンコン ― フェーサイ」のメコン川渡りのように、高い金額の渡し賃を取られる所も多く、北ラオスのバイクツーリングを目指すとなれば、どうしてもここのボーダーからの入国が多くなります。
ムアングンからは、ホンサを通り、サイヤブリ県とルアンパバン県へ行く、200Km近い本格的なロングダートがあります。
数年前から、タイの援助で北に向かう道が整備され、1時間も掛からずにメコン川の船旅の宿泊地でもある、パクベンに行くことができるようになりました。
そして、パクベンからウドムサイへは、大きな山越えも無く3時間程度で行く事ができます。
posted by チェンダオ鯰 at 08:58| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

2011Laos単独バイクツーリング映像その1

日本に居る時は仕事の合間に、愛車のXLR250でキャンプに出かけたり、バイクツーリングに出かけたりしていました。
タイに着てからはタイカブで近場のバイクツーリングに行ったりしていましたが、4年程前にバイクでラオス機会があり、それからラオスへのバイクツーリングにはまり込んでいます。
ラオスは車が少なく、豊かな自然と、緩やかな時間の流れを感じる人々の暮らしがあります。
バイクに乗っている時の映像が多いので、退屈な映像も多いのですが、折角撮影した映像なので、少しずつ編集をして公開していきたいと思います。
posted by チェンダオ鯰 at 11:31| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクツーリング | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

国際免許取得

nternational licensing.jpeg去年の4月日本に行った時、運転免許の期限が切れているに気が付かず、堂々と運転をしてしまった。
その時点で気が付いて、免許センターで、海外在住中の失効と言う事で手続きをすれば、日本の免許を失う事は無かったのだが、気が付いてないのだから手の打ち様が無い。
結局、私は日本の運転免許を失ってしまいました。
しかし、タイの運転免許は持っているので、国際免許を作れば日本での運転は全く問題無い訳です。
来月日本に行く予定なので、早速作ってきました。タイの免許は陸運局で作ります。自動車の車検や登録等をしている役所です。
但し、国際免許は、チェンダオの管轄である、メーテンの陸運局では出来ず、統括するチェンマイの陸運局まで行って来ました。
必要な書類は、タイの運転免許証・パスポート・居住証明(これは、英語で作成された領事館発行の在留証明、又は90日届けを出しているイミグレーションの発行する居住証明、又はタビアンバーン=タイの役所に届出をし住民票持っている人。
以上の原本と、それぞれ必要なページのコピー各一部+写真2枚です。コピー+写真は、陸運局内に店がありますので、その場で作成しても問題ありません。申請料金は505バーツで、国際免許の有効期限は1年です。
posted by チェンダオ鯰 at 20:44| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

初生りの「アボガド」食卓へ

P8090040.JPG

7月22日のブログ(http://chiangdao.seesaa.net/article/216052002.html)に書いた「アボガド」、知らない内に熟して落ちたら大変と、ネットを掛けておいたのですが、昨日、熟してネットの中に落ちていました。
木生りで完熟したアボガドです。早速昼食の食卓に、ワサビ醬油の「刺身」でいただきました。トロリとした食感、ほのかな甘み、大トロのような味。
今まで食べた「アボガド」で、最高の「アボガド」でした。
P8100042.JPG

posted by チェンダオ鯰 at 08:08| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 我が家の特産物 | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

チェンダオ市場果物の旬

9-8-2011syunnokudamono.jpgチェンダオの火曜日市場、今週は野菜も果物も豊富で、とても賑わっていました。
果物は柿・梨・ランプータン・ドラゴンフルーツが山積みで今が旬になってます。
竜眼はやっと出始めた頃で、後1・2週すれば旬になると思います。

リエントリービザ
昨日リエントリービザを取りに、朝9時頃イミグレーション到着。
ところが、人が溢れていて全く車も止めるところが出来ません。、仕方なしに少し離れたBig-Cに車を駐車。
手続きは書類を作って行った事もあり40分位で無事終了しました。
リエントリー申請はTM-8の書類一枚(4x6cm写真一枚)+パスポート+パスポートのコピー(写真の面・最終滞在期限が書き込まれた面・タイに入国した最新の入国スタンプを押した面・出入国カードTM-6)が必要でした。
料金はシングルリエントリーが1000バーツ、マルチプルが3800バーツです。
RE-ENTRY2011.png

posted by チェンダオ鯰 at 15:47| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンダオ火曜市風景 | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

リエントリービザ申請の準備

先月、タイに滞在するノンイミグラントビザの期限の延長手続きをしたのですが、ビザは一度国外に出国すると、その時点で効力を失う事になります。
そこで、事前に再入国許可=リエントリービザを取らなくてはいけません。


RE-ENTRY2011-7-27.jpg
上の写真TM8が申請書類です。去年もこの書類を提出してリエントリーを取っているのですが、いかんせん記憶力が極端に悪いので、提出書類が1部なのか、2部なのか、パスポートのコピーはどこのページが必要か・・・覚えて無い始末。取り合えず書類・写真は予備の分をもって行くことにします。
明日月曜日、朝一でイミグレーションに行く予定です。
posted by チェンダオ鯰 at 12:11| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

大鯰捕獲


P8010031.JPG

台風8号崩れの低気圧の影響で、裏の田圃が冠水するほどの雨が降り続いた。
田植えが終わった田圃には、いろいろな魚が産卵にやって来る。そんな魚を狙って、畦の用水は格好の四手網漁の漁場になる。かみさんの一番の趣味はこの四手網漁で、稀にこんな大物を捕獲する事がある。

P8010030.JPG
posted by チェンダオ鯰 at 13:24| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

バイクツーリングで寄り道

バイクツーリングは、ちょっと気になった小道に気軽に入っていける機動性が魅力。
「あれ?っ」と思ったら止まってチェックできますから、新たな発見ができるのです。
タイのチェンマイ〜チェンライを結ぶR118、ビアンパパーオから脇道に入った所にある温泉です。
posted by チェンダオ鯰 at 08:04| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

晴天の暑い一日

日中、チェンダオ山の山頂も見える、湿度の低い日差しの強い暑い一日でした。

鯰亭7月26日の気温
      最低気温  最高気温
室内    25.4℃   30.3
外(日陰) 22.6℃    39.9℃(夕方西日が当たってこの数字になったようです。実際は36℃位だったと思います)
外気の最低気温のメモリーが故障していましたが、この数字を見ると自分で直ったかも知れませんね。

P7260004.JPG

今年は庭のンゴ(ランプータン)が沢山実って、買わないでも十分なくらい。

27日から3泊4日のバイクツールリング

に出かけます。ついでにチェンマイのイミグレーションに寄って、滞在90日届けをしまして来ます。
しばらく更新できませんが、ツーリング先でブログに書ける事があるかも知れません。
posted by チェンダオ鯰 at 07:49| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

珍しい蛾

P7250072.JPG


昆虫の種類が多いチェンダオでは、11年住んでいても、初見えの虫に出会うことがあります。
この写真はベランダの洗濯物に付いていた蛾で愛嬌の有る「顔」なので、写真に収めた。名前は不明だが、「蝶の百科ホームページ・ぷてろんワールド」の掲示板に、「名前を教えてください。」のお願い投稿をしてあるので、分かるかも知れません。
http://www.pteron-world.com/cgi-bin/joyful/joyful.cgi


鯰亭7月25日の気温
      最低気温  最高気温
室内    25.4℃   28.7
外(日陰) ----℃    32.8

posted by チェンダオ鯰 at 07:30| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 珍しい虫 | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

成長したサンタ


目覚ましネコに成長した今のサンタです

P7230064.JPG

屋根の煙突から私の目の前に落ちてきたサンタは、我が家の家族として暮らしている。
2歳の時、ストルバイト結石で尿毒症になり、チェンマイの病院に駆け込むのが少しでも遅かったら助からないところだったが、一命を取りとめた。
以来、ヒルズの結石予防食c/dだけの食事に徹しているので、再発する事も無く、おおむね健康のようだ。この、結石予防食c/dだが、2kg入りで660バーツもするので、今では私より高価な物を食べてるのでは?などと思うほどの、金食いネコになってしまった。
サンタは授乳時から人の手で育てられ、ネコとの接触が全く無かったので、今でも自分が人間であると思っている節がある。
しかも大変なネコ嫌いなので、室内ネコとして特別待遇だ。
毎朝4時過ぎると、私の足をぺろぺろ・手をぺろぺろ。それでも起きないと、「カップ」っと嚙みついて必ずで起してくれる。
有難い?「目覚ましネコ」に成長した今のサンタです。

鯰亭7月24日の気温
      最低気温  最高気温
室内    25.5℃   29.8
外(日陰) -22.8℃    32.1℃ (温度計が壊れましたね!外気温のMinがマイナスだ)

posted by チェンダオ鯰 at 08:51| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

久しぶりに90日滞在通知

 6月23日は私がこの国に滞在できる期限の日にちで、2000年の6月24日(実は私の誕生日)にノンイミグラントビザで最初に入国した事に起因している。自分の誕生日さえ忘れなければ、忘れる心配の要らない覚えやすい日にちである。
タイは、特殊な場合を除いて、与えられるノンイミグランドビザの期間は一年が限度らしく、毎年必ず、滞在期限が切れる前に、「更新手続き」をしている訳である。
手続きは、毎年略同じような諸々の書類とそのコピーを、かなりの数用意して二部提出すのだが、すでに10回も繰り返しているので、手慣れた事になっている。(細かい提出書類などは機会があったらいつか書こうと思う)
と言う事で、先月6日に提出して7月22日まで暫定的に滞在期限が与えられていたのだが、18日無事一年の延長を頂いて来た所である。
手続きをする時に最後にタイに入国した日にち等を確認する事になるが、それを見て90日滞在通知に気が付いた。
本来忘れてはいけない(遅れれば罰金を科せられる)ことなのだが、ここ数年、ラオスへバイクツーリングに行く事が多かったので、継続して三ヶ月以上この国に、滞在する事が無かったのだ。
前回ラオスから帰国したのが5月2日。正確に90日目は7月30日なので、その前に(一週間以内)に届け出なければならない。
今週は再度チェンマイのイミグレーションまで往復である。

提出書類書式はTM.47。下記のタイのイミグレーションのウェブサイトからダウンロードできるので、事前に作成して用意すれば当日の手間が省けるので利用する事をお勧めします。
http://www.immigration.go.th/nov2004/en/base.php?page=download

調べても分からない花の名前

P7230067.JPG

去年、知り合いの家の庭に咲いていた可憐な花を分けていただいて、ネットで調べていたが、未だに名前が不明。
どなたか知っている方がいらしたら、教えていただけないでしょうか。

鯰亭7月23日の気温
      最低気温  最高気温
室内    25.3℃   28.5
外(日陰) 22.2℃    33.7

posted by チェンダオ鯰 at 11:33| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

アボガド、初生り

P7170070.JPG

アボガドを食べた後、種を砂に埋めて発させるのが楽しくて、日本に住んで居る時繰り返しやった事がある。しかし、いつも土に植え直すと、冬を越せず、枯れてしまった。
タイに来て、チェンダオの市場でアボガドを見かけるようになったのは、ここ10年くらい前からだ。
「タイなら必ず育つ」と思って種を砂に埋めたのが9年前。
5年も経つと、高さが10m近くの立派な大木になり、ベランダからの景色の邪魔になりだした。
アボガドの木がこれほどの大木だとは全く知らなかったので、ベランダの目の前に植えてしまったのだ。
毎年の剪定が欠かせなくなり、一向に花も咲かないので、何度か「実を付けないと切っちゃうぞ!」と脅かしたりしていたら、7年目にして、2本の内の一本が花を咲かせた。
てっきり実が付けると思っていたら、花は全部落ち、一つも実にならずがっかり。
去年も花が咲いたけどやはり実を付けなかった。今年は、花が咲いたか良く分からない程度の数の花しか咲かなかったので、実を付けるなんて思っていなかった。
ところが、先日剪定をしていて、2個の実が立派に生っているのを発見した。
売っているアボガドは、出荷で痛むのを防ぐために、早めに収穫して後熟させるので、本来の「森のバター」の味が今一つ。
出来れば、木に付けたまま食べごろまで熟させて、本来の味を楽しみたいと思う。
来年からは、もっとたわわに実ると期待して大いに可愛がってあげよう。


posted by チェンダオ鯰 at 09:16| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の特産物 | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

噓のような本当の話

5年前、にっちもさっちも、どんな事をしてもログインできなくなってしまった、この「チェンダオ鯰の溜め意記ブログ」にログインできた。もう消す事も出来ずに、ただただ放置せざるを得なかったのだが、こうして5年ぶりにログインできたとなると・・・さてどうするか?
この5年間に、いろいろな出来事があって、すんなり復活と言う気分ではないのだけど、今一度再考してみる事にします。
posted by チェンダオ鯰 at 08:51| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

路線バスの旅

ファーンからメーサイへ行くバス.JPG

前回、ファーンからメースウェイ経由でチェンライに行くバスの旅を紹介したが、第二段は、ファーンからメーサイへ行く、ローカルバスの旅である。

chiangmai-fang.JPG

出発の基点は鯰亭の在る町、チェンダオ。



続きを読む
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ローカルバスの旅 | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

しとしと雨

体重400gを超え元気いっぱい

4月29日7:00
ADSL回線スピード : 286.82Kbps
久々に快調なスピード。

鯰亭昨日28日の気温
      最低気温  最高気温
室内    23.7℃   28.3
外(日陰) 20.7℃    32.7
29日AM7時頃の湿度    66

昨日、一昨日、しとしと雨。なんだか日本に居るみたい。アジサイの花が恋しいような空模様で気持ちがしっとり、朝寝坊したい気分だ。
サンタはそんな気持ちにお構いなしで、5時頃ミルクのおねだり。
段々やんちゃになってきて、激しい遊びが大好き、チョットやソットじゃ満足しないからお付き合いが大変だ。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

チェンダオ劣悪なネット環境

毎日のように夕立、雷雨があり、雨季に入ったような気候である。
朝夕夜と過ごし易くていいのだが、チェンダオは電気の安定供給が未だなされていないので、毎日のように停電がある。
落雷中にパソコンを使うなど、「壊れても良いよ」と言っているのと同じで、遠くで雷鳴が聞こえた段階で、電源を切りコンセントを抜く事にしている。
ブログの更新は、朝やる事にしているのだが、最近、ADSLの繋がりが良くない。因みに現在の回線スピードは 96.58Kbpsである。
ブログも一年経過、劣悪なネット環境で続けていくには、何かしっかりした目的がないと、ついつい「まッいいかー」になってしまう。
もっとも、「やりたい事を優先する・自然体で生活する・無理をしない」こんな我が侭暮らしをするために、チェンダオに住んだのだから、まッいいかーで悪い事はないか!

鯰亭ここ一週間の気温
      最低気温  最高気温
室内    24.3℃   31.2
外(日陰) 20.9℃    36.3
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

チェンダオ山クッキリ

chiangdaoyamakukkiri.JPG

ソンクラーンの後半に大雨が降って以降、チェンダオ山の周辺では、毎日のように落雷、夕立がある。今まで野焼きの煙や水蒸気で、見る事ができなかったチェンダオ山がスッキリ・クッキリ姿を見せるようになった。
田圃も畑も野も山も、恵みの雨で潤って、これからは何処も彼処も新緑の季節。

そして、鯰亭庭では雑草との戦いが始まるのである。

サンタ君サンタランドで遊ぶ

santaland.JPG

日本からの緊急援助物資=ネコ用ミルクと離乳食缶詰で、元気いっぱいの「サンタ君」走る事もできるようになって、遊びの時間も増えてきた。
遊んだ後はタップリ寝て、又良く食べる。
だけど、便秘症は治らない。一応、4日まではウンチが無くても様子をみるようにしているけれど、どうしたらいいのか良く分らないのが正直な所だ。
赤ちゃんネコを育てた人がいましたら、生後1ヶ月の子猫の便秘についての情報を、是非教えて下さい。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

サンタくろうス

すっかり我が家の家族となったサンタ君だが、哺乳瓶で牛乳を飲んで、いくらか大きくなってきた。
子猫を牛乳で育てるのが良くないのは分っていたが、タイでは猫用のミルクを手に入れるのは難しい。仕方なく一昨日から人間用のミルクを買って飲ませ始めた所である。
ところが、11日を最後にウンチがストップしたまま、完全に便秘である。
最初の二日くらいは、子猫の場合よくある事と心配していなかったが、三日・四日目は流石に便秘と分り、温めたガーゼでマッサージしたりしてあげたのだが、効果無し。
ミルクを飲む量も明らかに減少してきた。
苦しいのか機嫌も悪くなり、獣医に行くしかないと判断したが、ソンクラーンの連休で、公立のチェンダオ動物病院は電話が通じない。
やもなし、もう一日何とか我慢してもらって、今日、朝一番で病院へ行った。
病院の先生とは、モグが世話になっているので顔見知り。ちょうど、闘鶏の軍鶏をケガの縫合手術中だった。
待たされる事無く、手術の合い間に問診・診察をしてくれ、なれた手つきで下剤を飲ませてくれた。
ついでに、ネコのミルクの話をすると、家畜用のミルクがあると言うので購入。
ミルク代の90Bだけで、診察代・薬代はいらないと言う。

帰って、薬の効くのを待っていたが、中々効いてこないので、浣腸で助ける事にする。
人間用の液を、小型の注射器で5cc位注入と先生に確認済み。
サンタは嫌がって「ビギャー・ビギャー」泣いたが我慢してもらっい、注射器の先にワセリンを少し付け挿入!
「出るわ出るわ」涙目のサンタ君、遂に5日分のウンチを出してスッキリした様子。
「サンタ苦労ス」とはよく言ったもんだ!
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

水掛祭りの効用

ソンクラーンの水掛祭りは、多分、タイ全土で行われているのだろう。
チェンマイだけでも、何十万リットルの水が撒かれるのか見当もつかないが、この撒かれた水は、カンカン照りの日差しで、瞬く間に蒸発する。
そして、この蒸発した水が呼び水になってか、毎年ソンクラーンの後半はまとまった雨が降る。

15日は夕方から、突風と雷雨でまさに嵐のような天気だった。

深夜まで続いた停電のために、何もできず、もう早々と寝るしかなかったが、激しく落ちる落光に、チェンダオ山が美しく浮かび上る光景を見る事ができた。

14・15・16日は「ダンフア」(チョッとした贈り物を持って、親戚の御年寄りを訪問する、敬老のしきたり)で彼方此方訪問した。
ソンクラーンの休み中は、昼間から酒を飲むのも当たり前。
訪問した先々では、酒や食事が振舞われるので、このところ二日酔いが続いている。

16日夕方から雨。またもや停電でパソコンが使えず。

そんな訳でブログが更新できない「言い訳」でした。


posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

爆竹で目覚め

今日13日はタイの正月。
まだ暗い朝5時頃から、派手な爆竹が其処彼処で鳴り響き朝の目覚めを迎える。
チェンダオの朝は、クーラーも扇風機も要らない爽やかな気温だ。
だが、9時頃になれば30度を超えて、外での活動は止めたほうが良い。
チェンダオは、チェンマイの街中の違い、度を越した戦争まがいの水掛けはやらない。
あくまで水掛は祭りの範囲、子供と若者がはしゃいで水掛をするくらいだ。

祭りの楽しみは、ピン川河川敷の祭り会場で行われるタイ式ボクシングと、若い女性が超ミニ衣装で踊る歌謡ディスコ大会等など。
夕方涼しくなったら、会場に行ってみるつもりです。

大きくなったサンタ
やっとネコらしく盛んに遊ぶサンタ
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

カブトガニの味

チェンダオの火曜市でも時々売っている「カブトガニ」遂にラヨーンで食べてしまいました。
料理の仕方実にシンプルで、兜を下に炭火で焼くだけ!
そして、そのカブトガニに、レモングラス・しょうが・等の香草類とピッキーヌー(タイの激辛唐辛子)を刻んで、ナムプラー・マナオ・等の味でヤム(和え物風に)した物を上にのせて食べるのです。
カブトガニの食べる所は、兜の中です。

カブトガニの食べられた残骸

そこに、肉ではなくカブトガニちゃんの卵が詰まっていて、それを食べるんです。
肉は脚の付け根の所に、ほんの少し有るだけで、後は肉らしい肉は一切無し。
カブトガニの玉子は・・・そうですねー・・・日本海で捕れる「はたはた」玉子みたいな感じです。
味は・・・良く分らない味と言うか?やはりカブトガニの味なんでしょうか?例えるのが難しいです。
肉の所はカニですね!でもカニほど風味が無いって言うか、やはり「カブトガニ」と言うか?うムー・・・・・・
百聞は一食に如かず!


posted by チェンダオ鯰 at 08:08| バンコク ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

新湯船完成

チェンダオ温泉にもう一つ湯船を増設する事になり、湯船にする特注ヒューム管を搬入していた。すぐに周りの石積みとか配管をするつもりが、海に遊びに行ってしまいそのままだった。
まあ、楽しい事が最優先のチェンダオ暮らしだから、工事の遅れは「マイペンライ」
でも、私が白い砂浜で遊んでいる間に、メーテンの山さんとチェンマイのO崎さんが、石積み工事をやっていてくれた。
運転疲れが抜けないので「今日はヤーメた!」と思っていたら、山さん・O崎さんが今日、温泉に来ていると言う。
温泉管理鯰としては無視できないので、早速、1ニュー・クルン(1.5インチ)の塩ビ管4mを担いでバイクで駆けつける事にした。
そして、新湯船は無事入湯可!完成の運びになりました。
後は廻りの環境整備、こちらはボチボチ進めていく予定です。

お詫び!新湯船の写真はデジカメを忘れたので後日UPします。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンダオ温泉情報 | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

白い砂浜・蒼い海

白い砂

RAYONGの海、SAMED島の海、最高でした。
こんなに白い海の砂があるなんて!
生まれて初めて真っ白な砂の海で泳いだ。
カブトガニも巨大シャコも巨大サザエの刺し身もバラクーダの刺し身も・・・
最高に美味かった!

マングローブの海のプチホテルの貸切プールで、「光」も20m泳げるようになった。

暖炉の煙突から落ちてきた子猫の「金」、今回の旅の途中で「サンタ」と改名。
今のところ順調に育っています。



posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

猫が降ってきた

カミさんの命名で名前は「金」となる

29日、チンマイ・ロングステイに日本から来る、Iさんを迎えに行く為にチェンマイに行った。
今回は大荷物を持ってのチェンマイ入りだ。
一番は犬1頭、猫2頭のペットである。私のプジョーでは心もとないので、知り合いからピックアップを借りる事にして、早めにチェンマイに出る。ついでにIさんが借りた家に行って、窓を開け換気をすることにした。
一通りやるべき事をして、ソファーに坐っていると、「ズズズドーン」と目の前の暖炉に、猫が振ってきたではないか!
それも、目が開いたばかりの子猫である。
しこたま体を打って、フラフラしているが、「みゃーみゃー」声は出ているから大丈夫か?
兎に角、後一時間ほどで空港に行かなくてはいけない。
とりあえず、ペットショップに行って、猫用の哺乳瓶と牛乳を買いに走る。
何とか、牛乳を飲ませ、篭をかぶせて重しをして空港へ行った。

入国審査は、動物の通関検疫で手間取り、1時間以上掛かった。
いよいよチェンマイ・ロングステイ開始のIさんに新居に、今日猫が降ってきたことを話す。
流石に、日本から犬と猫を連れてきていて、しかもこれからの新生活の準備で忙しく、猫の赤ちゃんにミルクを飲ませながら育てる余裕は無いので困った様子だ。

こんな時、第一発見者の辛い所だ。
結局、この「天からの授かり物」チェンダオ鯰亭の新たな家族になってしまった。
名前は「金」これから時々は、ブログに顔を出しますので、「よろしくね!」

南の島の楽園に旅行の為、ブログの更新はしばらくできません。
9日ごろ帰ってくると思います。
それでは金と光を連れて、「金光鯰」トリオの海の旅に行ってきまーす。
posted by チェンダオ鯰 at 19:37| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

湯船搬入


特別丈夫に作ってもらったコンクリー制湯船
積み込み風景

特別注文で作った温泉の湯船の搬入が無事に終わった。
2段重ねの下は150Kg以上ある重さで、温泉の場所まで運ぶのは大変な作業だ。
日本人の助っ人も2人来てくれて、足場の悪い所をどう運ぶか「アーデモナイコーデモナイ」。
結局、長い角材をレールのように敷いて、皆で押して動かす事にした。
この、グッドアイディアで思ったより楽に運び込む事ができた。
後は毎日少しずつ、手を加えていけば良い。


posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | チェンダオ温泉情報 | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

新しいパスポート

6月に、10年お世話になったパスポートの期限が切れるので、チェンマイの日本総領事館へ、パスポート更新手続に行って来た。
半年ほど前に、息子の日本の教科書を受け取りに行った時、
「来年6月にパスポートが切れるが、何時申請に着たら良いか?」
聞いていて、その時、3月からICパスポートが導入になるので、3月を待って申請したほうが良い言われていた。
申請書類もその時貰っていて、早く終わらせる為に自宅で記入し写真も準備して、万全の体制で行った。
ところがである。何とICパスポートになったため、申請用紙が変更になったとの事で、書き直しになってしまった。
更に最悪な事に、貼り付ける写真も微妙に変更になり、わざわざチェンダオで100バーツ払って用意したものが使えない(窓口の職員は、はっきり駄目とは言わないのだが、「これだと顔がハッキリしなくて、使う人が困る事になる」と言う)
10年使うパスポートである。仕方無しにエアポートプラザで撮り直し、1時間程掛けて作り直し窓口に行くと、僅か5分で「昼休みに入ったので窓口は空けられない」というではないか。
写真を渡すだけである。
入り口のガードマンに半ば強引に、
「領事館の職員に渡して置いて!!!」と言って押し付けてきてしまった。
さて、無事に新しいパスポート、できるか知らん?

この所、気温の測定をサボっしまっていたのでチェック。
いつも間にか野外の気温が、最高気温36.5度.最低気温14.6度を記録していた。多分チェンマイの暑さは40度超え。行って来るだけでへとへとだー!

posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

掘った岩盤

デジカメの不調は何の事は無い、外付けのUSBポートの電源が入っていなかっただけの事!アホダネー!
と言う訳で写真の追加。ana-horisagetagannban.JPG

ついでに花の名前当てクイズ
何の花でしょう?
サボテンの花みたいハテ何の花?

posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | チェンダオ温泉情報 | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

湯船増設

暑季に入ってこの暑さになると、チェンダオ温泉に入りに来るタイ人は流石に減ってくる。暑くなっても、それでも温泉の虜になった常連は、タイ人と言えど入りに来るのである。
チェンダオ温泉入り口にリゾートを持っている、バンコク在住のパタナチャート先生も、今回のチェンダオ訪問で温泉を知り虜になったようだ。
先日「是非もう一つ湯船を作って欲しい」との希望で、増設費用として1000バーツを置いて帰った。

そこで今日は湯船を増設する為の、穴掘り作業をした。
助っ人にメーテンの明天庵氏が駆けつけてくれ、炎天下、二人でせっせと穴掘り作業だ。
石混じりの硬い土を掘っていくと、岩盤が出てくる。
それを鉄の棒で削って、少しずつ掘り進める重労働だ。
なんとか湯船が納まるくらい掘り下げ、作業終了。
仕事で汗を流した後は、極楽極楽最高の温泉でサッパリいい気分!
ビールが最高に美味しかったのは当たり前!

デジカメ又も不調!せっかく撮った作業風景がアップできず残念。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェンダオ温泉情報 | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

久々の家族旅行

22日・23日と家族で、チェンライのSUZUKIさんのお宅に遊びに行ってきた。
モグとピッチーがいるので、泊りがけで出かけるのは久し振り。
カミさんの実家の父母に留守番を頼んではきたが、老犬モグが寂しがるので、精々一泊が限界だ。
SUZAKIさんの家は大家族で、ご夫妻に女の子4人の子供たち・他大勢。飼っている犬が21頭、猫も沢山の大所帯。とてもにぎやかで、ひっそり核家族の我が家とは対照的である。
夕食には、川魚では美味しさナンバー1の「プラー・ブー」の煮付けなどなど、ご馳走になっり大感激。
大家族の楽しさを満喫させてもらい、更に、メーコック川の川海苔・青紫蘇・赤紫蘇の種などなど、珍しいお土産もたくさん頂いてしまった。

せっかく頂いた「紫蘇」今年は失敗しないように作って、赤紫蘇の梅干を作るぞー!!

鯰亭今日22・23日の気温
      最低気温  最高気温
室内    20.5℃   29.1
外(日陰) 15.0℃    34.8
24日PM 7時頃の湿度    55
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

梅酒作り

今年も梅の季節到来です。
チェンダオのミャンマー国境近くには多くの中国人村がある。そして、山岳地の涼しい気候を利して、梅・桃の栽培が盛んである。
チェンダオの西〜北を囲むこの地域を、私の独断で、チェンダオ梅回廊と命名することにした。

今は青梅の時期、後一週間で梅干用の黄色い梅が出る

今年の梅は小粒だが、梅酒には最適のしっかりした青梅が大量に手に入った。

昨年は4Kg・6リットルしか作らなかったために、最低3年寝かせた梅酒を作るつもりが、1年を待たず私の体内に吸収されてしまった。

その去年の苦い経験を生かし、今年の梅酒は、梅20Kg・焼酎約25リットル程を漬けることにした。
これだけ漬ければいくら飲兵衛鯰でも、3年は持つはず!
・・・・・・・だよね?

鯰亭今日20日の気温
      最低気温  最高気温
室内    19.1℃   27.7
外(日陰) 15.1℃    33.7
PM 7時頃の湿度    51

TOT(電話会社)のADSLがつながらない。仕方無しにダイアルアップのLoxinfoへつなぐ。こんな事があると、Loxinfoを解約するのは考えものかな?
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

気温差20℃

鯰亭今日18日の気温
      最低気温  最高気温
室内    19.5℃   28.7
外(日陰) 14.7℃    34.9
PM 7時頃の湿度    48

遂に一日の外気温の温度差が20℃を超えた。
日陰の気温だから、実際体感する気温差は、25℃以上あるかもしれない。
外気の温度と比べ、我が鯰亭に室内(一階)は、まるでエアコンを点けっぱなしにしているような涼しさだ。
大きな吹き抜けと、半地下構造が幸いして、ソンクラーンの時期の灼熱地獄も、エアコン無しですごす事ができる。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

黄色い蘭

鮮やかな黄色の蘭

乾期も終わりに近くなり、日増しに気温が上がってきたが、この時期は、蘭の花が多く咲く時期でもある。
チェンダオでは、自生する野生蘭の種類も多く、花の色もそれこそ「色とりどり」
熱くても、次はどの蘭が咲くかなと、毎日庭に出るのが楽しみなのである。

鯰亭今日16日の気温
      最低気温  最高気温
室内    21.5℃   28.9
外(日陰) 17.1℃    34.2
PM 7時頃の湿度    49
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

暑さ!!増す!

暑い季節の花アマリリス

我ながら情けない事に、暑さにはカラッキシ駄目なのだ。
日本に居る時から、気温が34℃を超えたあたりから、死んだようにダラリとなってしまう。
気力体力が大切なのは分っているのだけど、やはり、日頃の運動不足とビアチャンが祟っているんでしょうね。
何とかしなくては、40℃は乗り切れないな!

人間なら88歳?元気なモグ

日本から一緒に来た愛犬「モグ」は18歳近いはず。人間なら「米寿」のお祝いも終わったくらいの老犬だ。でも私よりよっぽど元気で、暑さに負けずスロープは駆け下りて行く。

鯰亭今日15日の気温
      最低気温  最高気温
室内    19.5℃   29.5
外(日陰) 15.4℃    34.5
PM 7時頃の湿度    54
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

蚋でボコボコ

ワシントン条約でも規制されている「キシタアゲハ」の乱舞

kishitaageha 1.JPG
kishitaageha2.JPG
kishitaageha3.JPG

キシタアゲハは普段高い所を飛んでいて、写真に撮るのが難しいが、この時期、湿度が極端に低い為か?好きな花が少ないからか?温泉地のミネラルタップリの泥に下りて、水分を補給している。
絶好のシャッターチャンスに夢中になっていたら、蚋に10数箇所も刺されてしまった。
家に帰って見ると、腰巻布の上からも刺され、手・足・尻もうボコボコ!痒いの何のって!!
この時期、温泉は早朝以外は蚋に刺される覚悟でいらしてください。

鯰亭今日12日の気温
      最低気温  最高気温
室内    19.5℃   28.7
外(日陰) 15.5℃    34.8
PM 7時頃の湿度    43

観測以来最低湿度を観測。外気一日の温度差が19.3℃、気温差20℃を超える日が近づいている。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | チェンダオ温泉情報 | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

ボロプジョーまた故障

先週くらいから「愛車ボロプジョー」が変調をきたしていた。ブレーキを踏むと「ザザーザー」と音がするのだ。まあそこいら中ボロボロの20年・20万Km選手だし、珍しい事ではないが、ブレーキに関する事だから、一応・修理点検で修理屋に入れることにした。
フランス車専門の修理屋なので代車は「シトロエン」
??たしか1年前にも代車を借りて、「シトロエン」だったような?
ブログってのは記録を残せて便利だね。調べてみると去年3月25日間違い無し。ボロプジョーのお陰で、この1年で何回この修理屋の世話になったことか、今では友達付き合いになってしまった。
できれば新車を買って、絶縁したいんだけどね・・・。

鯰亭今日10日の気温
      最低気温  最高気温
室内    19.9℃   28.3
外(日陰) 15.7℃    34.7
PM 7時頃の湿度    45


posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

TOTとCSLoxinfo

チェンマイに出る用事があったので、ついでに「CSLoxinfo」(タイのプロバイダー)の事務所に寄り、LoxinfoがTOTのラインて提供しているADSLの説明を聞いてきた。
先日、TOTの請求書にLoxinfoに広告が同封してあり、現在使っているADSLと同じ速度の契約が850バーツになっていた。私は今、TOTとCSLoxinfoそれぞれ契約していて、700Bと720Bを払うようになっている。
広告を調べてみると、この契約はTOTとの契約ではないので、CSLoxinfoの850Bに支払いだけだと解釈できるのだ。
そこで、事務所でこの事の説明をしてもらった。
結論は、この850Bの契約をするには条件があり、全ての電話番号では出来ないとの事だった。
我が家の電話番号ほ対象になっていないので出来ないと言う。
出来ないのなら、これから先Loxinfoのアカウントを続ける限り、TOTとLoxinfoの両方にお金を支払う事になる訳で、TOTに問題がない限りは、カウントだけの問題で余分な支払いをするのはもったいない。
ちなみに現在TOTのADSLは、250〜280Kbps位で安定して使用できる。

という訳で、今後のメールは「Hotmail」を使うことにしますので、よろしくお願いします。
メールアドレス変更のメールを出さなくては・・・・。

鯰亭今日8日の気温
      最低気温  最高気温
室内    20.1℃   28.0
外(日陰) 16.6℃    33.8
PM 7時頃の湿度    60
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

学期末テスト

息子の学校の学年末テストがあると言う。
テストが終われば、長ーい長ーい学年末休み=ソンクラーンの暑季休みになる。
5月から始まる新学年でいよいよ5年生。

タイ語や他の教科は、まあ普通についていっているようなので良かった。
テコンドーも好きで続けてるし、私の子供の時を思い起こせば、大したものだと思う。
日本語の勉強(国語・漢字の学習)は一向に進歩していないのだが、普段使わない文字をしっかり覚えろと言う方が無理。
私がするべきことは、今は日本語の会話をしっかり続けて、将来、本人が興味を持つような環境を創ってあげる事だろう。

この長い休みの間、なるべく息子と「一緒に何かをやる」その事を大切にしようと思う。

鯰亭今日6日の気温
      最低気温  最高気温
室内    20.9℃   29.9
外(日陰) 16.7℃    33.9
PM 7時頃の湿度    55


posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

WoodBall

朝、チェンダオ温泉に行く通り道の新しいリゾートに、大型バス3台とたくさんの車が入っているのを見た。
そしてバイパスからの入り口には横断幕が!
<
strong>横断幕には
oudanmaku2.JPG

この写真はうっかりして動画モードで撮ったのでハッキリしませんが、WoodBallの4カ国国際競技が開催されているとの事らしい。
そこで、WoodBallなるもの、ネットで調べてみると、 「Shisido Takayuki」氏のHPに詳しい事が分った。
「Shisido Takayuki」氏の「ようこそ、木球のページへ!」を見ると、WoodBallとは「木球」と言って台湾で始まったスポーツで、日本では福島県当りで「盛ん」らしい?
うううーん!どうも超ローカルなスポーツらしいことは確かだ!
ヒョンな所から福島県の接点が出来てきたもんだな、コッタフズン!

鯰亭今日4日の気温
      最低気温  最高気温
室内    21.1℃   27.4
外(日陰) 16.9℃    32.5
PM 7時頃の湿度    50

室内湿度が最低を記録、カラカラ陽気が一段と進んできたみたい。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

霞むチェンダオ山

2月に一度だけ奇跡的な雨が降ってから、当然ながら一雨も降っていない。
庭の、水撒きが行き届いていない所は、地割れに成る程乾いてきた。
一日おきにでも水撒きをする庭でさえ、この乾き様なのだから、自然の山は「カンラカラカラ」に乾ききっている事だろう。

いよいよ、野焼き山焼きシーズンの到来である。
毎年繰り返される山焼きだが、私は、焼畑農業が今でも盛んに行われているからだと思っていた。
ところが、実情はどうも違うらしい?確かに雑草が多い茂った畑に、雨季の耕作を前に火を放つ、耕作地の焼畑はやっている。
その火が燃え広がって行くのをそのままにして、チェンダオ山の自然林が、山頂近くまで燃え上がっていくのも確かなのだが、どうもそれだけではない事が分ってきた。

雑木林や草地の近くに住む人達が、野焼きの火から家を守る為に、自ら真っ先に火を放っているのだ。
もちろん、広がる火は自然消火するのを期待する。と言うか、後の事はマイペンライ。
今度は、それがラムヤイ畑に燃え広がり、植えたばかりのラムヤイ畑が全滅する。
そうなのだ!やるかやられるかの「早い者勝ち」といったところで、どうもタイ人の自己中精神が表れているような気がする。

毎年繰り広げられる、「野焼き山焼き戦争」に一番迷惑しているのは、野生生物たちだろう。
せめて、十日に一度でも雨が降ってくれたらいいんだけどねー。

鯰亭3月3日の気温
      最低気温  最高気温
室内    21.4℃   27.4
外(日陰) 17.7℃    32.1
PM 7時頃の湿度    58
室内の最低気温が20度を越えてきた。朝起きてジャンバーを着るのも終わり。
明日は室内簡易暖炉を撤収する予定。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

メール送信・解決しました

ADSLに切り替えてから、OutlookExpressでメール送信が出来なかったのだが、たった今、解決しました。
TOTチェンダオの所長さんと技術担当者が来て、送信メールのSMTPアドレスを
203.151.141.222
と入れれば送信できるようになると教えてくれた。
早速、SMTPを換えて送信すると、今までのトラブルがうそのよう!見事問題解決!
事の詳細は、TOTの技術担当がLoxinfoに電話して教えてもらったと言う事で、ADSLの取り組みが遅れているTOTの問題を露呈した結果だった。

この問題が解決してOutlookが使えるようになってたので、Loxinfoを解約して、Hotmail一本で行こうと思っていた決心が揺らいでしまった。
この際Loxinfoは解約しないで、一番安い契約にでも変更し、アカウントを変えないことにしよう。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

浮の謎


日本にいるときは、渓流釣りが好きで山形県の山奥の沢に、岩魚の姿を求めて出かけていた。
釣りは渓流一本だったので、他の釣りは全く知らないだが、タイに来て暇を持て余す時期があって、池につりに行った。釣れるのはプラニン(発音的にはパニン)=テラピアと鯰だ。
でも、何かと忙しくなったのと、変化の無い釣りに飽き、あまり釣りもやらなくなってしまった。
ところが、先日お客人が泊っているとき、鯰亭のすぐ近くにある釣堀にご案内する事になった。
行ってみてビックリ、田圃の中の釣り掘りは、爽やかな風が吹き抜けて涼しいのである。
しかも、料金は釣った魚の買取だけで、何時間釣っていてもOK。
これからのクソ暑い時期をしのぐのに、大いに利用させてもらう事にする。

そこで知っている人がいたら教えて欲しいのだが・・・。
タイのウキはどうやって糸に取り付けるのだろうか?
取り付け部分はリングになっている

浮釣り素人の私は、ゴム管で取り付けるウキしか使った事がない。タイのウキは全て取り付ける部分がリングになっているのだ。


posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

老人運動会

農村チェンダオにはこれといった娯楽施設が無いのだが、なんのかんのと集まりがあって楽しい時間を過ごす事ができる。
今日は老人の村対抗運動会があると言うので見に行って来た。
断っておきますが、けっして「参加」ではありません。
ダンサー顔負けに悩ましく腰を振る熟年達ダンサー顔負け

チェンダオ地区の8ヶ村が4組に分かれての対抗戦!チェアガール?の応援合戦も悩ましく真剣そのもの!。
10m以上も飛ばした怪物ばあさん
一斗缶蹴っ飛ばし競争

この一斗缶蹴飛ばし飛距離競争では、予想以上の飛距離で危うく計測員の頭に当たりそうになる程。
恐るべしチェンダオ老人パワー!
鯰亭今日26日の気温
      最低気温  最高気温
室内    19.3℃   27.1
外(日陰) 14.2℃    32.7
PM 6時頃の湿度    58


posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

健在!我が家のトッケー

鯰亭の家族、トッケーの「ボッケー君」
トッケーの顔はかなり毒々しい

タイに来た経験がある人なら、夜中に「トッケー!トッケー!・・・」と言う良く通る声を聞いた事がある人も多いと思う。
我が家にも、数年前からこのトッケーが住み着いていたのだが、いつのまにか何処かへ引越ししたようで、しばらく声を聞く事が無かった。
ところが今日は、声を聞くどころか、いきなりのご対面となった。
朝、カミさんが玄関の戸を開けると、網戸にしがみ付いて逃げる事も出来ずにいる。
寝ぼけているのか、いきなりの朝日の目をパチクリ。
トッケーは警戒心が強く滅多に姿を現さないのです。

寝ぼけた声なのでボッケーと命名

普通、トッケーは夜中に鳴くのですが、まだ寝ぼけて昼も鳴くこのトッケーを、「ボッケー君」と命名する事にしました。

鯰亭今日25日の気温
      最低気温  最高気温
室内    20.9℃   27.8
外(日陰) 16.9℃    33.1
PM 6時頃の湿度    58


posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

地焼酎

若妻が一人造る地焼酎

先日、チャイプラカーンで発見した温泉村の取材に、同行させてもらった。
その時、水餃子を食べた食堂の隣りの雑貨屋で、地元で造っていると言う「ラオカオ」=タイのもち米で作った焼酎を試しに買って帰った。
「美味しい!」のである。
飲兵衛鯰を自称する私は、旅行先などで飲んだ事の無いラオカオを発見すると、試しに1本買って帰るのだが、中々美味しいカオラオに出会う事は少ない。
大概のラオカオは、焼酎独特の臭いというのではなく、煙臭いような、または薬臭いような臭いがするのが多いのである。
今回この温泉村で買ったのはまったく臭みが無く、これで梅酒を作ったら美味しいだろう事間違いないものだっだ。これはもうラオカオと呼ばずに焼酎と認定!そう呼ばせていただく。
そこで、鯰亭に宿泊しているお客さんを、温泉に御案内方々、焼酎の製造元をたずねていく事にした。
ラベルに記載された電話番号に電話すると、女性の声。
偶然にもすぐ近くにいると言うので、来て貰い案内して頂く事になった。来てくれたのは20歳前半の美女。
製造所は隣村で、焼酎は40坪ほどの倉庫のような所で造っていた。
話を聞いてビックリ、焼酎は、このうら若い美女が一人で造っている言うではないか!
この女性、既に結婚していて子供が二人いるそうだが、とても二児のママには見えない。
なんでお若いあなたが焼酎造りを?・・・と聞くと、焼酎造りは、ご主人に教えてもらて始めたのだそうだ。
私が美味しい焼酎ですね!と言うと、瓶詰めにする前のこれこそ蔵出しの焼酎を試飲させてくれた。
「ううううーん!美味しい!」蔵出しということもあったが、若い美女自らのお薦めで味もまた格別。
何とも感動的な蔵元訪問であった。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

暑季の過ごし方

2月も末になって、少しづつ日中の日差しが強くなってきた。朝の気温は20℃を下回っているのだが、昼間の気温は30℃を超える事が多い。
一日の気温差が20℃以上ある時期の到来である。そして、4月ともなれば酷暑の時期で、最高気温が40度を超える日々になる。
チェンダオはチェンマイ市内と比べ、3度〜5度くらい涼しいのだが、それでも日中はただ日陰に涼を求め、ボケーと過ごすしかない。

幸い、昨年・一昨年、この酷暑の時期を日本で過ごしていたので、辛い思いをしないで済んだが、今年はその予定が無い。
中国の雲南に旅行に行こうかなどと思いをめぐらせていたのだが、そんな時にメーテンの山さんから
「チェンダオの山奥に、最近オープンしたロングステイビレッジあるから、取材方々一泊体験ステイをしよう」との誘いがあった。

50棟もあるバンブーハウス

我が家からさほど遠くないむらなので即誘いに乗った。
村はピン川に注ぐ支流の源流近くにあり、タイでは珍しいい清流沿いに、真新しいバンブーハウスが50棟ほど点在している。
年輩の同行者がいたので、今回泊めてもらったのはバンブーハウスではなく、しっかりした木造の受け付け棟だ。
それでも標高1000mはあるこの村は涼しく、寝袋に入っていても、寒くて明け方目が覚めてしまう。
バンブーハウスなら、4月の暑季でも涼しく快適に過ごせるであろうと想像できる。
これで決定!今年の暑季対策。大いにこのバンブー村を活用させてもらう事にしよう!

posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

チェンマイ・パンツ事情

本物か?タイシルクパンツ

20日月曜は、久々のチェンマイ1泊。
マッサージ2時間後、ナイトバザールへと繰り出した。
とは言っても、バービアで遊ぶとか、カラオケに行くとかではない。
ここでしか売っていない物を買いに行ったのである。

パンツである。
下着に関しては困っている日本人も多いと思う。
タイでは、何処の店もトランクス型の下着は殆ど無く、ブリーフばかりなのだ。
どうも、タイ人の男は99%がブリーフ派らしい?
大型スーパーでホンの少し売っているが、伸び縮するなんとも締まりの無い生地で、しかも値段が高のである。
ところがココナイトバザールでは、観光土産用に「タイシルク(本物かは疑わしい)トランクス」が売っているのだ。店の言い値は100バーツ以上だが、仕入れ値を知っている私は
「冗談でしょう!!」「タイ人価格で頼むよね」と釘をさす。
「あんた!いくらにして欲しいのさ」とお姉さん。そこで、私は
「サマート」とわざとチェンマイ語で御免なさいと言って、穿いているパンツを見せ
「これ、前に買ったとき一枚55バーツさ(実はウソ本当は2年前に60バーツ)」
「5枚で250バーツでどう!!」と言うとお姉さんムッとした顔で
「それじゃ儲けになら無いじゃん」「5枚で350バーツよ!」
私としては目標は5枚で300バーツ
「ズバリ5枚で300バーツで良いしょ」
「だめだめ1枚65バーツね。だから、325バーツ」私としては時間があれば何軒か廻って、1枚60バーツを探すところだが、今日は時間がもったいないので止む無し。
電卓の下一桁5バーツを指で隠して
「320でOKね!!」と私。お姉さんも「じゃあいいわ!!」と無事商談成立。
この安いシルク?パンツ結構丈夫で、大体2年はもつから買得間違いないでしょう。



posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

コーヒーの花満開

コーヒーの花は可憐な白い花

鯰亭のコーヒー畑に雪が積もったように、真っ白な花が満開に咲いている。
コーヒーの花は「可憐で清楚な純白」で目を和ませてくれる。
今年の収穫は大いに期待できそうです。今期雨季に入ったら、隣りの敷地にも垣根になる様に苗を植える予定です。

待ちに待ったDVD
待望の映画「星になった少年」のDVDが届けられた。梨絵さんレッズさん・みなさん・ありがとうございました。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

ゴルフ体験

初めてのゴルフ体験

数日前のことだが、息子と二人、プラーオ〜ビアンパパーオ〜チェンライへタンデムツーリングに行ってきた。チェンライの友人の家の近くにゴルフ場があり、生まれて初めてゴルフを体験する事になった。
私も、もちろん息子も初めてで、あの小さな耳掻きのような棒で、あの小さなボールに当るのだろうか思っていたが、案外当る物である。そして、時々だが真っ直ぐ飛ぶ事もあって、思っていたより楽しいもんだ。
私はこれから始めようとは思わないが、息子はこれからだから、とてもよい経験になったと思う。
チェンダオの練習場でもあればいいんだけどなー・・・

ADSLにして、Outlookからメールの送信が出来ないトラブルは、私の手には負えそうにないので、気長に対処するつもりだ。
何事もココは何処?「タイランド!」
日本と比べたってダメなのですよねー。チャイ・イェンイェンですなマズ。(冷静にとか気長にって意味)

鯰亭昨日16日の気温
      最低気温  最高気温
室内    17.5℃   25.0
外(日陰) 13.1℃    30.5
PM 7時頃の湿度    60

ちょっと寒さがぶり返してきた。チェンダオ山もクッキリ見えて爽やかな気候が続いている。



posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

SOS!!

OutlookExpressからの送信が出来ない

ADSLの通信速度が、実際はどの程度なのか、調べる方法が良く解らないのだが、接続状態を示す所を見ると速度100.0Mbpsとなっている。
でもこれってチョッとおかしいような気がする。TOTとの契約では 512Kbpsという事になっている。
ただ、今までと比べると全くストレスを感じない速さである。

ところが、問題が発生した。Outlook Expressからのメールの送信が出来ないのだ。
到着するメールは問題無いのだが、返信・送信が出来ないのである。
メールのアカウントは、今までと変らないサーバーCSLoxinfoを使っている。
接続がTOT(電話会社)のローカルエリア接続(ADSL)だから、サーバーが拒否をしているのだろうか?
もう!良く解らない事ばかりで「ちょっと、プアット・フア」(頭が痛い)

ASDLのことだがCSLoxinfoをネットでみるとhttp://www.csloxinfo.com/adsl/index.asp#upc_adc
TOTを使った契約があるみたいなのだ。この場合TOTには別にADSLの料金が課金されるのだろうか?
TOTとCSLoxinfoの両方に問い合わせて見る必要がある。
でも、パソコンの知識がなく、ネット音痴のカミさんの通訳では余計混乱する可能性がありかも・・・。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

火曜市場今日の買物

チェンダオ火曜市は野菜が安い

久々に野菜の買いだめ。

レタス      1kg  5バーツ
きゅうり     2kg 20バーツ
トマト     2Kg 20バーツ
ラディッシュ 1Kg 20バーツ
にんじん   1Kg 10バーツ
メロン(2個) 1Kg 36バーツ
みかん     3Kg 20バーツ
ピーマン赤黄緑1Kg 30バーツ
ほうれん草   1束   5バーツ
合計          166バーツ=500円でした。
日本は野菜が高騰しているとか、暖かいという事はとても幸せな事です。

ラディッシュはピクルスに、トマトは煮込んでピューレにして保存する。

posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ADSL ADSL開通

TOTのADSLモデム

つい先ほどADSLが開通した。
TOTチェンダオの所長さんと技術者の若者が来て、全ての設定をやってくれ、見事接続。
「早い!の一言」。この状態が安定して使用できれば、700バーツは納得である。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

ADSL

チェンダオのTOT(国営系電話会社)も遂に「ADSL」が利用できるようになった。
45回線だけの限定だそうだが、田舎のインターネット事情からすれば、画期的なことである。
なにせ、24時間繋ぎっ放し、電話回線も使えるのだから、45本に漏れたら、次回は何時になるか?分ったものではない。
TOTチェンダオ事務所の所長自ら乗り込んできて、ADSLが使えるか通信速度を確認(我が家は局から4Km強の距離がある)、「大丈夫」と言う事であった。
プロモーション期間との事で、回線工事、モデム、2ヶ月間の費用として、2,000バーツを支払い、モデムをもらってきた。
モデムの使用説明書は英語でだが、自宅内の諸々の作業は、約500バーツほど別料金だというので、取り合えず自力で試みる。
現状は、電話線を電話とPCと2つに分配して使っているのだが、天井裏に上って見ると、唖然「もうめちゃくちゃ」
電話線が電線のように、ただ、縒り合せで二つに分けてあるだけで、それをビニールテープで撒いてあるだけなのだ。
考えて見れば、去年、電気工事屋に電気の配線を確認(配電盤から出ている電線に行き先不明なのがあったので)してもらった時、外に出ていて目障りな電話線を、天井裏に通し直したのだった。
電気屋に電話線工事をやらせたのがまずかったか?
TOTを呼んで、分配器(ADSL用)取り付けてもらった。
そして、モデムを取り付け、自力でPCの設定・・・。
ところが、どうしてもつながらない・・・・。こんな時全くの素人っての情けない・・・・。
んでもって、こりゃまたTOTを呼んで頼むしかないか?と諦め普通の電話回線でPCを繋ごうとしたのだが、「繋がらないジャン」
いろいろ設定を弄くったのと、ADSL用の分配器が原因みたいで、ネット不通状態が続いていた。
メールとかも気になったが、息子とツーリングを約束してたのでそのまま出発。
帰ってきた四苦八苦、やっと電話回線では使えるようになった。
日本語が分る人で、PCに詳しい人が近くにいてくれたら、本当に助かるんでけどなーーー。


posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

野菜棚作り

一雨振ったことで、土が軟らかくなってくれた。
そこで、庭に野菜の棚を作った。
両方ともゲン・ケーと言う、北タイ料理(野菜煮)に使う。

パック・タムルン(チェンマイではパック・ケー)
パック・タムルン

パック・チェンダー
パック・チェンダー

鯰亭の庭にある食用植物は数え切れない程。今度ジックリ数えてみようと思う。

鯰亭今日8日の気温
      最低気温  最高気温
室内    18.3℃   23.3
外(日陰) 14.6℃    27.7
PM 7時頃の湿度    65

posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

ヤゴオムレツ

ヤゴ料理で「ビヤ象」カンパイ!

昆虫のタンパク質は質が良く美容にも最高

この時期見頃の庭の花(弁慶草の仲間かと思いうが名前は知らない)

akaihana 2.JPG

鯰亭今日7日の気温
      最低気温  最高気温
室内    19.6℃   23.3
外(日陰) 16.3℃    26.9
PM 6時頃の湿度    62

チェンダオの寒さもいよいよ終わり、日に日に気温が上がってくる。
マンゴーの花がこれから満開になる。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

季節はずれの豪雨

90日チェック(タイに90日を越えて在住する外国人は、90日毎に、それを管理する警察所に住所を届けなければならない)
90日の時間が過ぎるのは早いものだ。うっかりすると忘れるので、家中のカレンダーに期限の日にちを書き込んである。
雨の降らないこの時期はバイクが快適だから、今日はバイクでチェンマイへ行く事に。
チェンマイに泊っても良いとカミさんに言われていたけど、別にこれといった用事もないので、チェンダオに帰ることにした。
鯰亭の植物も、このところの葬式ラッシュでカラカラに乾いて悲鳴を上げている。
帰ってすぐに、タップリと水撒きをする。
ところがなんと、日が落ちてから雷がゴロゴロなり始め、突然のにわか雨だ!
それも豪雨!約2時間で、多分10ミリを超える雨量である。
2月上旬、これだけの雨(この時期一滴の雨も体験した事がない)降るなんて99%ありえないのだが・・・・。
今年も異常気象なんだろうか?
でも、これで当分水撒き仕事をしなくても良いぞー!
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

イニュー(ヤゴ料理)

ゴーヤ料理ではありません!!ヤゴ料理です。
そうです、トンボのヤゴ料理です。チェンダオ名物「昆虫料理」の時期に入ってきました。
この時期、第一弾は「イニュー(トンボのヤゴ)料理」この時期のは、小型のイニューで塩からトンボか、赤とんぼの種類かもしれませんが、ハッキリしません。今度、食べないで、トンボになるまで飼育して、どんなトンボになったか報告いたします。

inyuu.JPG

今回買った皿は、ヤゴ以外にもよく判らない水生昆虫がが何匹か入っていて、チョと歯ごたえがありそう!
ヤゴの数はおよそ60匹程で値段は20バーツ。もちろん、全て元気にモゾモゾ動く、活きの良いやつばかりです。
一番美味しい料理は「玉子綴じ」。
玉子を良くほぐして、ナムプラー・豚味コンソメ・ごま油などで下味を付けて、ヤゴを良く洗い、生きたままの玉子の中に泳がせます。
そうして、1時間、溺れかかったヤゴがしっかり玉子を飲み込んだら、フライパンでオムレツのように焼き上げて出来上がり。
しっかり玉子を飲み込んだヤゴが、口の中で弾ける独特の食感が、何とも言えません。
酒の肴に良し!ご飯のおかずに良し!
夕餉の食卓を、豊かにしてくれる事間違いなしです。
是非チャレンジしてみてください。


posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

葬式ラッシュ

棺を納めているお寺のような屋根をした山車?「パッサー」今回のはお寺に寄進する椅子を上手に使っていて感心してしまった。

椅子を使ったパッサー

昨日、今日、明日と葬式が続く。カミさんの遠い親戚や隣町の知り合いなので、葬儀の準備には出ないのだが、最後の日には参列しなくてはいけない。
親類やら同じ村であれば、葬儀の行われる間、毎日のように準備やら食事の支度、後片付け等の義理を欠くことは出来ないのが、田舎住まいの掟である。
今回のように、かなり遠い親戚やチョッとした知り合いでも、葬儀の知らせがあれば、よほどのことがない限り、火葬場への野辺送りがある最終日には出席する事になる。

タイの葬式は、大勢集まってにぎやかで、決して湿っぽい事がないのだが、ジックリ時間が掛かるので、キッチリ会話が出来ない私にはやはり退屈である。
チェンダオは農村だから比較的構成年齢が高い。老人が多いので当然葬式も多い訳で、私の参列する葬儀は年に十数回、毎月のように葬儀がある。
田舎暮らしの宿命と諦めてはいるが、あまり遠い関係は遠慮させていただきたいと思うのである。


posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

運動会

今日は年に一度の光の学校の運動会があった。
毎年運動会の日は、早朝6時半、学校から3Km程離れた火曜市場敷地に集合し、大人顔負けの大胆な衣装で着飾った?華々しいパレードが行われる。こちらにきた当初はパレードなど日本では滅多に見られないので、最初から最後まで一緒に歩いて写真を撮ったが、今年は風邪が治っていないのとパレード慣れしたこともあって光を送ってすぐ引き返す。

黄色組の応援団

運動会は日本の学校に多い紅白戦ではなく、赤組・黄組・緑組・紫組の4組で競う競技会で、各組各学年の代表選手による、徒競走大会といった感じである。
日本のように騎馬戦・棒倒しなど、観客を魅了するような面白い競技は乏しく、参加する生徒も代表選手のみで、全員で競技を楽しむ工夫が不足していると思う。
しかし、パレードと応援チアガールは力が入っている感じで、見ごたえがある。
きっと、パン食い競争・障害物競走・大玉転がし・二人三脚・騎馬戦・棒倒しなど取り入れたらもっと皆で楽しめるだろうと思う。

鯰亭3日の気温
      最低気温  最高気温
室内    17.9℃   24.9
外(日陰) 13.9℃    30.4
PM 6時頃の湿度    56
湿度が下がってカラカラに乾いてきた感じである。
日中の外気温が30℃を超えるようになり、一日の温度差が広がってきた。

posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

息子から

光の風邪が治った後、やはり風邪はこっちに周ってきたようで、31日から、喉の痛み・咳・熱と全く光と同じ症状である。流石に熱は37度5分ほどで、光のように39度8分なんて事はない。もし39度を超えたら、私の場合は即入院って事だろう。それほど熱には弱いのである。

チェンマイロングステイ実験一ヶ月を試みていた「Iさん」ご夫婦が、一軒家を借りて本格的ロングステイに踏み切るとの事で、契約に立ち合わせていただく。
コンドミニアムと違い、リビング・キッチン・主寝室・ゲストルーム数室・メイドルームと部屋数も多く、各部屋のチェックも大変である。
賃貸契約だが、地元の不動産屋さん(タイ人経営)を仲介しての契約で、家主さん側(家主のタイ人女性は、ドイツ人のご主人と北京に住んでいるので、彼女の母親)も立会い、契約書類を確認し、双方サインして契約成立。
しかし、契約書はタイ語と英語で書かれていて、専門的用語も多く、英語なりタイ語(読み書き)が堪能でないと、一般的な日本人では自力で契約を交わすのは難しいと思われる。
やはり、古くからチェンマイに住んでいている日本人に、斡旋や紹介を頼る人が多いのもうなずける。
当然のように、なかにはそこに目をつけて、事情のよく分らない新たなロングステイヤーから、法外な金を巻き上げる悪質な日本人が出てくるわけである。
やはり家を探す基本は、ある程度時間を掛け、ジックリと自分の目で見、正しい情報は何かを選択して決める事だと思う。

posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

ピッチー帰る(続き)

チェンダオ名物停電は、復旧のPM2時まで6時間。まっ、いつもの事でマイペンライさ!
今日、息子は学校へ復帰。カミさんも元気になって「うるさいくらい」多少腹壊してるくらいが「静かで丁度良いような・・」

さて、ピッチーが居なくなったのを知って、ピッチーの拾い主の息子は、目に涙を溜めて「ピッチーが行っちゃったよー」と泣く事泣く事。
「ピッチーは広い世界を飛びたかったんだよ・きっと可愛い彼女見つけて幸せに暮らすよ」なんて(これって本当は私の夢か?)慰めながら、1時間程家の周りを探してみた。
同じ姿のコウラウン(ピッチーの種類)がたくさんいて、どれもピッチーに見えるのだが、どれがピッチーなのか?動きを見ていると野生のコウラウンのようだ。
結局、昨日外に出てから10数時間、この広い世界でじっとしているとは思えないし、朝冷え込むチェンダオで、巣にも入らず無事に過ごしたものかどうか・・・・。
息子には「ここはバナナやパパイヤが一年中一杯あるから、ピッチーはちゃんと食べていけるよ」と慰めるしかなかった。
熱を出して学校を休んでいる息子は、カミさんにすがり付いて泣いてようで、私が諦めた後、二人で「ピッチー」と外で声を出している。
たまりかねて、私も裏庭のラムヤイの木を再度見に行くと「アッ!!あれ!ピッチーだ!」と息子が叫ぶ。見ると野生のコウラウンらしいのが飛んでいった。
ところが、木の上にぴょこぴょこ行ったり来たりのが一羽いる。ひょっとしたらと、少し近づいても逃げていかない。思わず「ピッチー!!」と声をかけると、反応するような動きである。ピッチーに間違いないと確信する。
それから、パパイアやを持ってきたり、もち米ご飯を持ってきたりで、餌付け作戦30分。私の肩に米粒を乗せると、私の肩に止まって夢中で食べている。よほどお腹が減っていたのか、私が手で捕まえるまで、必死で餌をついばんでいた。
こうして息子の必死の願いがかなって、ピッチーは奇跡的帰還をしたのでした。

posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

復調

息子が熱を出して5日経過、やっと高熱が出なくなったが、咳・鼻詰まりで苦しそうだ。
学校も3日休んでしまったので、月曜日は何とか登校して欲しい。

26日朝
毎朝、ピッチーの鳥篭に掛けてある覆いを開け、餌と水を取り替えるのだが、開けてビックリ。
ピッチーが居ないのだ。
家中を探して見ても居ない!

我が家の居間は、半地下で暑い時期は過ごしやすいのだが、この冬に時期の午前中は寒い。そこで霧が晴れて日が差す頃、ピッチーを日光浴をさせるために外に出していた。
ピッチーの家は竹篭で、前々から篭の隙間が大きく、何箇所かピッチーが脱出できる場所があるのは知っていた。
時々、籠から出てくることもあるので、レースの布を籠に掛け、外に出す時は更に薄い布をきちっと撒いて用心していたのだが。
考えてみると、カミさんと息子の不調でどたばたして、前夜ヒーターを入れて布で覆う時、ピッチーの顔を見ていないような気がする。
間違いない!昨日外に出しているうちに、出てしまったのだ。
まだ目の開かないうちに、人の手から餌を貰って育ったピッチーは、外で自ら餌をとるのは無理だろう。チェンダオの朝は冷え込むので、果たして無事にとるを過ごしたのだろうか。
慌てて外に出て「ピッチー・ピッチーイー」と声を掛けても何処にも見つからない。
この広い外の世界に出たら、もう戻っては来れないだろうか。
・・・・・・



posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

大混乱

24日から27日まで大混乱である。
カミさんの食中毒=24〜25(私は風邪だと思ってるが)から始まって、光の発熱が25〜今日まで、39度8分を最高に38度台の高熱が続き、遂にチェンダオのヤブ医者に見切りをつけて、チェンマイのメー・レ・デック(母と子)病院に。
25日は「ピッチー」が大自然に飛び立ち、翌日、奇跡的に、ピッチーのゆりかごである鯰の肩に無事帰還。(これは詳細は再度書きます)
愛犬もモグは「もうろく」が酷く、食事を食べても忘れて、再度のおねだり「わおーーー」
もう!大変!
私はNHKを深夜まで見ながらの看病続きで、目の周りにクマでき、温泉もいけない日日。
ブログを書くにもパソコンは「カイワンノック」か?異常をきたして、仕事が遅い!
かなり疲れてますんで・・・・気温の調査は忘れてしまってます。
今日は早く寝ますんで・・・オヤスミナサイ!!
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

チェンダオの桜

チェンダオ火曜市の買物を兼て、チェンマイから二組のご夫婦が遊びに来られた。
火曜市は、山岳民族の正月祭りが近い事もあって、大勢の人手で賑わっていた。
先々週までは、胡麻和えで食べると美味しい春菊、山芋が売っていたのだが、残念ながら今回は出回っていない。その代わり、露地栽培の美味しそうなほうれん草が売っていて、1把バーツ。サトイモもまだ出回っていて、まずまずの買い出し成果である。

その後、チェンダオの中国人村名物雲南焼餃子を食べ、ミャンマー国境を見物。
そして、シーズンは終わってしまったが、まだ残っているかもしれない「桜」を求めて、ドイアンカンへに向かう。

チェンマイから来た甲斐があって見事な桜にウットリ

標高の高い所は既に葉桜になっていたが、低い所に点在する小さな村には、まだ見事な桜が咲いていた。
満開の桜に暫しウットリの日本人5人。
帰路、ドイカンカンからの急な下りで、ブレーキが焼け煙が出て氷で冷やしたり、沢水を汲んで冷やしたりのアクシデントはあったが、思いでに残る楽しいドライブでした。

鯰亭今日24日の気温
      最低気温  最高気温
室内    18.5℃   23.5
外(日陰) 15.5℃    28.4
PM 7時頃の湿度    67




posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

禁断の果実


先日、チェンダオに有る電器屋の若旦那から「今、テレビでNHKやってます。チョと見てください」と声を掛けられた。この若旦那は日本に2年程滞在したことがあって、少し日本語ができるのである。テレビを見ると、NHKの落語番組をやっているところだった。
「これ1万バーツだけ、後はお金掛からない」と言う。
タイで、外国の衛星放送が見られる事は知っていたが、15,000バーツ位と聞いていた。
好きな落語を見せられて心が動いてしまった。

NHK.JPG

「これは日本から持ってきたテレビ、NTSCシステムでも映るの?」
我が家のテレビは、日本から持ってきた大型テレビの他は、小さなタイのテレビしかないのだ。
「大丈夫!これは日本のテレビ問題無い!全部で56見れます」
話では、フィリピンの「AGILA KU]なる衛星放送を、韓国製のアンテナ・チューナーで見るとのことで、毎月の費用は一切無し!但し2ヶ月に一度位の割でスクランブルを信号が変わることがあるのでその時に弱冠の調整が必要らしい。また、時にはスクランブル解除の為のチップ交換が必要なときもあると言う。
言ってみてれば「人のふんどしで相撲を取る」カモイ(タイ語で泥棒)商法で、いつまで見られるかはっきりしない所があるが、初期投資1万バーツで、NHK・CNN・スポーツ・映画(英語・韓国語・タガログ語・中国語)が見れるなら、高くは無いと思う。

タイに移住して6年、日本のテレビは日本に行った時だけで、後は我慢、忘れる事にしていたが、遂に禁断の果実を食べてしまった!

鯰亭今日23日の気温
      最低気温  最高気温
室内    15.5℃   23.1
外(日陰) 11.1℃    27.7
PM 7時頃の湿度    60



posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

野外活動最終日

チョッと自信を付けて生長したような

顔に赤い落書きがいっぱい
野外活動訓練最終日、午前中、校庭で全体反省会を行い、テントを撤収して解散になる。
テント・寝袋・毛布・布団など大荷物を持っての帰宅なので、車で迎えに来る親が多い。
学校前の駐車スペースは車が溢れていた。
マル2日親元から離れての点と生活をした子供たちは、何となく自信に満ちた顔をして、皆少し生長したような印象である。
昨日は炎天下、10Km程の行軍訓練があり、普段歩く事をしないタイの子供たちには辛い行軍だったようだが、良い経験だっただろう。
昼は家族3人温泉で、ゴザを広げての食事、埃だらけの息子も温泉でサッパリして帰宅する。

鯰亭今日21日の気温
      最低気温  最高気温
室内    16.1℃   23.4
外(日陰) 12.1℃    28.3
PM 7時頃の湿度    63

相変わらずの好天が続き、庭の水撒きを欠かせない。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

野外活動

校庭に張られた様々なテント

タイでは、ボーイスカウトのような、ルーク・スア(直訳は虎の子)と言う野外活動を、学校単位で行っている。小学校の高学年になると、テントを使った泊りがけのキャンプも行われる。
4年生息子は、今年初めてテントで2泊することになった。
5年6年は学校を離れ、自然豊かなキャンプ場に出かけるのだが、4年生は初めてなので、テントを張るのは学校の校庭である。
子供たちは親の監督を離れて、自力でテントを張ったり炊事をしたり、とても楽しみにしている。
キャンプ道具を持っていない親は、テントや寝袋を新たに買ったり大変なのだが、幸い我が家私の登山道具が全て揃っているので大助かりだ。
しかも、日本から持ってきた3期用のテントと寝袋だから、この時期、朝の気温が10度くらいまで下がるチェンダオでも十分寝られるだろが、他の子供たちは寒くて寝られないだろうな。

鯰亭今日19日の気温
      最低気温  最高気温
室内    15.1℃   22.3
外(日陰) 10.7℃    27.7
PM 6時頃の湿度    62
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

日本人人口一人増

バンコクからチェンマイに移住を計画していたUさんが、いよいよ実行段階に入ったと言う。
しかも、移住先はチェンダオである。
14日夕方、Uさんから、「今、チェンダオに来ておって、土地に下見しているけん」と電話が有り、15日は、「1,500坪ばかり買うたけん見に来んね」と電話が有り早速は拝見させて頂いた。
新しく開通するバイパスにも近く、温泉にも近い掘り出し物である。
そして今日、土地の名義変更・支払い等の一部を済ませ、家の建築を依頼する会社と打ち合わせに入いるという、超速攻の早業だ。
Uさんの話では「チェンダオが一番気に入ったけん、山も温泉も最高ね」
チェンダオを好きになって移住してくる日本人はこれから増えてくると思う。私も先住日本人として、良いお付き合いをしていきたいと思う。

鯰亭今日16日の気温
      最低気温  最高気温
室内    15.7℃   22.8/span>℃
外(日陰) 11.1℃    27.1
PM 7時頃の湿度    56
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

子供の日

タイでは、1月の第二土曜日が子供の日で学校は休み。
アンプー(郡)を中心に、子供のための催しが盛大に行われる。

もちろん無料のメリーゴーランド

会場のにはメリーゴーランドやこどもの城が作られ、陸軍からは本物の装甲車が2台、しかも本物の
機関銃が装備されたまま、子供たちが自由に乗れるように解放されている。

本物の機関銃付装甲車

子供たちの好きそうな焼ソバやカノムセン(煮込み汁かけ米粉そうめん)も無料で振舞われ、お菓子が配られる。
地方の田舎では子供達の楽しみはそう多くは無いので、山奥に住んでいるチェンダオ中の山岳民族も、この時ばかりと山から下りてくる。

リス族の鮮やかな民族衣装

ヤオ族・モン族・ラフー族・アカ族、カレン族、子供たちの民族衣装は目を見張るほど美しい。
子供たちが祭りの民族衣装を着て、一ヶ所に皆が集まることはめったにないので、チェンダオの子供の日は私にとっても楽しみな一日である。
鯰亭今日14日の気温
      最低気温  最高気温
室内    16.3℃   23.3
外(日陰) 11.8℃    27.9
PM 7時頃の湿度    63
寒さがぶり返してきた。午前中、家の中は寒くて外で焚き火をして過ごす。

プジョーは昼過ぎ、修理屋に牽引されいった。
夕方、修理屋から電話が有り、燃料ポンプのヒューズ切れが原因と判明。牽引代全て込みで450バーツ=約1400円。
プジョー君まだ乗れそうなので、スクラップにするのは後5年ほど先にする予定。


posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

プジョーにプッツン

腰痛が悪化してから一ヶ月過ぎ、慢性化した症状が続いている。カミさんのアレルギー性鼻炎もキッチリ治療するべきなので、二人してチェンマイのスワンドーク病院に行く事になった。
息子を学校に置いてその足でチェンマイに行くので、早朝から駄目車プジョーを車庫から出して、暖気運転(普段はこんなに優しくしていない)。ラジエターを見ると水が大分減っているので、満タンにしてスタンバイOK!

と・と・ところが、いざ出発で、エンジンが掛からないではありませんか!
スターターは回転するが、ガソリンが上がってこないみたい。フィルタが詰まるにしてもいきなりって事は無いだろうし、いつものようにキャブレターが乾いてしまったのかと、呼び水ならぬ呼びガスでスタートするが、一瞬の回転で止まってしまう。
しかも、呼びガスをするのに急いで、直に燃料パイプを口で吸ったのが、口の中にドバッ!。
朝っぱらからアルコールなら嬉しいが、ガソリンじゃいくら酔いどれ鯰でも、気持ち良い酔い心地にはなれない。
「プジョーめ!スクラップにしてくれようぞ!」
と思い到っても先立つものが無い以上、実現不能。病院行きも中止して不貞寝の一日はアッと言う間に過ぎてしまった。きょう温泉にも行かず・・・・・。

鯰亭今日13日の気温
      最低気温  最高気温
室内    17.9℃   23.5
外(日陰) 14.2℃    27.1
PM 6時頃の湿度    64
空気が澄んできて、晴天が戻って来た。気温が下がる前兆で、又寒い朝になりそうだ。

posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

星空の温泉

チェンマイに来ているIさん御夫妻が、チェンダオに遊びに来られた。
わざわざ日本からチラシ寿司の材料を持って来て、奥さんの手料理で夕飯に御馳走してくださると言う。
感謝感謝!しかも本格的なチラシ寿司、小鯛酢締めまで入っていて大感動。
「美味しい美味しい」で大満腹。
食後は全員でチェンダオ温泉へ。
月明りに照らされた温泉で夜空の星を眺め、ジックリ浸かっていると体に芯まで温まる。
チェンダオ(星に近いの意味)温泉ならではの「星空の温泉」は最高だにーー!

posted by チェンダオ鯰 at 12:00| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

舞台寸喜劇

rikee.JPG

ワット・タム・チェンダオ(チェンダオ洞窟寺)の祭りで、最近は少なくなってきた、舞台寸喜劇=リッケーがあると聞いたので見に行って来た。各地の祭りを巡業する旅の喜劇団は、北タイの方言のテンポの良い台詞で、次から次と笑いを誘う。
舞台衣装もメイクも本格的で、舞台の背景も場面に合わせて回転していく。
大人から子供まで声を上げて笑いながら、夢中になっているのが分る。


鯰亭今日12日の気温
      最低気温  最高気温
室内    18.3℃   24.2
外(日陰) 15.0℃    27.3
PM 7時頃の湿度    65
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

新年初の大笑い

日本の友人が経営?(利益が無いから道楽?)している、シルクバレーキャンプ場(人によってはシルバーグレーキャンプ場と言う人もあるが)のお客さん・Iさんご夫妻が、チェンマイロングステイを目指して一か月の試験滞在にお見えになった。
たまたま偶然と縁があって、私がコンドミニアムの橋渡しをすることになったので、入居契約に同席させていただく事になった。
セキュリティーのしっかりしたコンドー(タイでは近藤と発音する)で、車ではいる時、入り口のガードマンに「何処に何をしにきたか」を詰問された。普通のコンドーでは日本人が来るとお客と判断してすぐに通してくれる所が多い。
更にエレベーター前にもカード式オートロックドアーが有り、そこにもガードマンが常駐して警備をしている。
これだけセキュリティーしっかりしたコンドーはカンドーものである。
管理会社の人が立ち会って、部屋の備品、キズ、汚れ、不具合等々を念入りにチェックして確認文章を作成するが、やはりある程度タイ語が出来ないとすんなりとは事が運ばない。
私の下手なタイ語でも少しは役に立ったようで、まずは無事入居することが出来た。
大してお役にも立てなかったけのだけど、Iさんご夫妻には、日本から沢山のお土産を頂いてしまい、本当にありがたいことだ。
特に、日本のカレンダーと年末年始のテレビ番組のDVD(録画に収録に手間が掛かったと思う)は、何よりのお土産で、夕方、チェンダオの帰ってから見た「志村けんのバカ殿」にはカミさんも息子も大笑い!!!
一年分の笑いを一時に噴出したもんで、息子は腹筋が痛くなってしまったと涙目で笑っている始末であった。
「笑う角には福来る」今年は良い年だぞー!

鯰亭今日8日の気温
      最低気温  最高気温
室内    19.9℃   24.3
外(日陰) 16.8℃    27.8
PM 7時頃の湿度    65
この時期にしては朝の気温が暖かい、夜中に勘違いした蛙が合唱をはじめた。
チェンダオはチェンマイと比べると過ごし易い気温で、ちょうど快適な気温である。
最近、快適指数付の湿度計の針は、いつも最高快適を指している。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

修理デー

乾期の晴天が一週間続いてからからに乾燥してきた。
庭の水撒きに1時間、表と裏と一日交代で撒いている。チェンダオは朝霧が濃く、そのお陰で朝のうち、少しはお湿りになるのだが、乾燥に弱い植物もあるから、水撒きは欠かす事が出来ないのだ。

修理で使えるようになった物

今日は壊れたままで使えなくなっていた物の修理デーになった。結果は全て修理完了!
水位ブザー・懐中電灯・ヘッドライト・デジタルカメラ(明天庵さんからの依頼)、その他修理ではないが、井戸のポンプの電源を室内に新しく作った。
家を建てて5年も過ぎると、塩ビ管が主のこちらの家では、水漏れが起こってきて、この所毎夜、30秒位ごとに稼働するポンプの音が耳障りで熟睡できなかった。
水漏れ箇所も、発見できる所は全て処置をしたので、これで安眠できると思う。


鯰亭今日7日の気温
      最低気温  最高気温
室内    18.4℃   23.7
外(日陰) 15.1℃    27.5
PM 7時頃の湿度    68

久々チェンダオ山に雲がかかり、朝の気温は高目。天気は下り坂らしい。
ひょっとすると雨が降る可能性がある。最近は地球温暖化の影響か、以前と気象が変ってしまったような気がする。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

小旅行

小旅行に行ってました。

チェンダオ火曜市風景

3日の火曜日市の、いつもコンニャクとか豆腐を持ってくるおじさんのところで、タイでは珍しい太い日本の大根を発見。1Kg10バーツの値段に飛びついて買った。出所はドイアンカーンで日本の大根種類だそうだ。

太い大根はタイでは珍しい

この太い大根を見た瞬間、今夜のメニューは「おでん」に決定!
当然、コンニャクと豆腐を購入、カブトガニを売ってる海産物屋で練り物数種買い込み、新鮮玉子、サトイモも買って万全である。
おでんは少し作るっ訳に行かないので、10人前以上煮込むのだけど、総予算は全部で150バーツ程。チェンマイの日本食堂で食べたら1,000バーツは超えるところだろう。

おでんを作っていて、思い出すのが今はチェンライ住む「I」さん。




続きを読む
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

新年のスタート

何時ものように朝早く4時に起き出して、ネットニュースを見たり、ブログの更新をしていて、どうしても朝一番温泉に行きたくなってきた。
まだ暗い6時、車で温泉にむかう。
「元旦早々一番風呂とはコリャ縁起が良いわいなー」と温泉についてみると、アリャ!バイクが一台。「やられたー」洞窟村の子供3人(中学生か)、ちゃっかり一番風呂につかってるではありませんか。
でもまー、タイ人に温泉ファンが増えてきたって事は、温泉の湯船を作った方としてはチョッと嬉しいような気がしないでもない。
来年こそは「4時起きで温泉速攻一番乗り」!
アッ!又一つ目標が出来てしまった。

鯰亭今日元旦の気温
      最低気温  最高気温
室内    17.1℃   22.7
外(日陰) 12.4℃    26.5
PM 7時頃の湿度    65
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

大晦日

日本に住んでいる時、大晦日の日は家にいて静かに新年を迎えるか、日の出の見える海へ家族旅行に行くかして過ごしていた。
そして「厳かに新年を迎える」そんな気持ちが強かったと思う。
タイに住むようになってから、どうも「新年を迎える」と言う特別な感情が薄くなってきたようだ。
どうも原因は、テレビを見ない事のような気がする。
大晦日恒例の紅白も、その他の特別番組も一切無縁。
除夜の鐘も初詣も、門松も年賀状も無い、普段と殆ど変らない一日として、一月元旦を迎えるのが恒例になってしまった。
タイにいて、大晦日が何時もと少し違うのは、プレゼント交換会のような年末パーティーが多い事だ。
それにしても、タイ人は元々宴会好きなところがあるようで、いい歳になっても誕生会をやったりするし、葬式だって見方によってはパーティーみたいなところがあるから、この年末パーティーが特別って事じゃない。
少なくとも気持ちだけは、日本にいた時と同じ様に「厳かな気持ち」で、新年を迎えようとおもう。
元旦くらいは「今年も良い年でありますように」と心に願い、家族揃ってお雑煮を食べるようにするつもりである。

鯰亭今日31日の気温
      最低気温  最高気温
室内    17.2℃   22.9
外(日陰) 12.9℃    26.3
PM 7時頃の湿度    64
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

梅干が仕上がる

逆光仮面さんのコメントの通り、タイの田舎では日本以上に日本的な暮らしが出来ると思う。
今、朝食の焼き魚を炭火で焼く家庭が、日本には何軒あるのだろうか?
自宅で餅をつき、梅干を作る、当然梅干を入れる焼酎も自家製でなんて、日本じゃ難しいでしょう。

さて、梅干は、雨のような朝露を避けて夜干しは取りやめ、2日目(29日)も取り込んだ。但し、梅酢には戻さないで容器に回収。
3日目も好天絶好の梅干日より。
昼、一度裏返して、午後3時頃梅が暖かいうちに取り込みジャン!出来上がり。
並べたり、裏返したり、取り込んだり三日も続けたので、腰痛が悪化してしまった。

日本の商品名はボルダレン

でも先日、薬局で良い薬を発見してあったので、早速服用する。これでバッチリ痛みが止まる。
最初飲んで具合が良いので、直ったかなーなんて思っていたのだが、僅か25バーツの薬で腰痛が治るわけも無かった。
ネットで調べると、日本ではボルダレンという痛み止めで、尿道結石とかの激痛にも使う薬で、これなら腰痛ごときは一発で痛みが止まるわけだ。
あまり薬に頼らないようにして、回復したらストレッチとか腹筋運動とするとしよう。
自転車も良いって言ってたなー。



続きを読む
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

今年は丸餅

大きな餅は鏡餅なんだけど、形が今一か?でもマイペンライタイの新米カオニョウで作った丸餅

今年も残すところ後数日。
正月を迎える為に今日は餅つきである。
いつも食べるお餅は切り餅なんだけど、新年を迎える時くらいは角が無いようにと、丸餅を作る事にした。
もち米はタイのカオニョウ(1リットル=11バーツ)で、新米だから香りも最高。
毎年この時期になると、日本から餅つき機を持って来て良かったなーって思う。
光は、特に焼き海苔で包んだ「磯辺巻」が大好物。
これからしばらく、朝食のメニューは「簡易暖炉」の炭火で焼いた焼き立てのお餅が多くなる。

鯰亭今日29日の気温
      最低気温  最高気温
室内    17.0℃   21.9
外(日陰) 12.1℃    25.7
PM 7時頃の湿度    64
やっとチェンダオらしい寒さが戻ってきました。早朝は濃い霧、日中は雲ひとつ無い青空。
梅の天日干し2日目で今日は夜干しなんだけど、こんなに霧が降りてくるのに大丈夫かしらねー?
水滴で塩出し梅干になっちゃうか心配だなー。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

やっと梅漬けの天日干し


今年の春、チェンダオの中国人村で買ってきた梅を漬けておいたが、今年の安定しない天候で、干す機会が無かった。やっと今年最後の雨(多分間違いなし)が降りやんで、本格的乾期到来。
腰の痛みもいくらかは良いので、梅漬けの天日干しを始めた。

良い香りを放つ梅漬け
開けて見ると、痛んでいるのは無いのだが、カリカリ梅に漬けたのが失敗で、全くカリカリになっていない。塩分濃度を変えた二つはそれぞれ色が違って、やや赤みを帯びた良い色のは12%でつけた梅だ。ただ、こっちのは重石に素焼の焼き物を使ったのでそれが原因なのか?
大量に漬けたのは初めてで、まずは上出来だろう。

天日に当てるとなんとも言えない良い香りが庭に広がってくる。
どれが一番美味しいかは、出来上がってから、ジックリと品評会でもしましょうか。

鯰亭今日28日の気温
      最低気温  最高気温
室内    17.9℃   23.9
外(日陰) 12.2℃    25.8
PM 7時頃の湿度    59
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

朝霧にくっきりチェンダオ山

朝霧に頭を出すチェンダオ山

朝霧の上に顔を出すチェンダオ山は一段と標高が高く感じる。青空にクッキリ姿を見せるチェンダオ山はやはり絵になるなあ。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

山芋シーズン到来

シーズンに入った芋の数々

チェンダオ火曜市の山芋を目当てに、チェンマイから「S]さんご夫婦とお友達2名が買い出し来られた。
大きな買い出しバック持参で、山岳民族が売っている山芋を買いまくって行く。
値段は山芋が1Kg5バーツ、6バーツ。サトイモが1Kg10バーツ。
他にキャッサバ芋、サツマイモ、京芋(みたいな芋)が売っている。
やはり紫の芋が多いが、今日は白も売っていた。売っている山岳民族の人はラフー、モンが多いようだ。「来週は白い山芋をもっと持って来てねー」と言っておいたので、来週も沢山の芋が並ぶ事、間違いなしだろう!!

鯰亭今日27日の気温
      最低気温  最高気温
室内    18.3℃   22.9
外(日陰) 14.9℃    25.9
PM 7時頃の湿度    63

4日ぶりに太陽が顔を出した。今日は久々洗濯日和で、カミさん山のような洗濯物と格闘中!
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンダオ火曜市風景 | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

小雨

25日
一日中ハッキリしない、ドンヨリした曇り空で時々冷たい雨が降る。
タイでこんな天気は年に数を得る程。
今日、息子はテコンドーの昇段試験と試合があって、早朝からチェンマイに行った。
昼食はバイキング・夕食もバイキングとプレゼント交換会が企画されていて、帰りは夜になる予定だそうだ。
親の同行も出来たのだが、腰痛が今一つ回復しないので取りやめにして、温泉でじっくり温まって過ごす。
前夜、プレゼント交換用に、クッキーを買って包装しようとしたら、息子が「綺麗な髪は使わないで、新聞紙でで包むように!リボンはつけないで自然の花を付けるように!」と言う。
テコンドーの師範が、あえて過剰な飾り付けは無用、物事の判断を外見のみですることの愚かを教えたと言う。
タイでは盛んにプレゼント交換が行われるが、子供達や各家庭で行うプレゼントは精々100バーツ程度で、それを包装してリボンをかけるのに20バーツくらいかける事が多い。
確かに、師範の教えは一理あると思う。子供にこの事を考えさせるには丁度良い機会だった。
鯰亭今日25日の気温
      最低気温  最高気温
室内    19.0℃   20.8
外(日陰) 16.3℃    21.4
PM 7時頃の湿度    67
一日曇り一時雨、気温差が無いから過ごし易いけど、メリハリが無くシャキッとしない。
そろそろ、カッと照りつける太陽が恋しくなる。
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

ホッお疲れ様

タイ人はタフですねー。
車中夜行で早朝到着して、チョッと仮眠。その足でチェンダオ観光して、夜は大パーティー就寝深夜1時2時。朝は流石に9時頃だったが、そのままチェンマイ観光に出発して行った。
チェンマイでのホテルは予約していないとの事で、「泊る所が無かったら、また戻って来るからねー」って、冗談か本当か分らない発言にギクッ・・。
まあ戻って来ない所を見ると、何とかねぐらを見つけたようだ。

24日は久々の二日酔いで、午後温泉に入るまでは絶不調でした。

鯰亭今日24日の気温
      最低気温  最高気温
室内    17.3℃   20.9
外(日陰) 14.3℃    23.5
PM 6時頃の湿度    58
posted by チェンダオ鯰 at 00:00| バンコク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。